KEA工房 STAFF BLOG

ブライダルインナー、ボディケアインナーの専門サロン

裾から見えないインナーを!ミニのウェディングドレスに合うインナーとは?

先に伝えておきたい3つのポイント

  • 上半身は「セミロングブラ+ウエストニッパー」「ロングビスチェ」のどちらを選んでも問題ない
  • ロングビスチェは背中が大きく開いたドレスを着る際におすすめ
  • 下半身のブライダルインナーは裾から見えないように丈が短めのガードルを選ぶと良い

ウェディングドレスといえば、裾が長くてふんわりとしたロングドレスをイメージする方が多いのですが、最近ではミニ丈のドレスを選ぶ花嫁様も増えているようです。
例えば、披露宴ではロングドレスを着て、お友達との二次会やお披露目パーティーなどでミニ丈のドレスに着替えるといった楽しみ方もできますよね。

しかしそうなると気になるのが、通常のロング丈とミニ丈とでは、ブライダルインナーにどのような違いが出てくるのかといった点ではないでしょうか。

そこで今回は、ミニ丈のウェディングドレスに最適なブライダルインナーの選び方について、解説をしていきたいと思います。

 

ミニ丈ウェディングドレスってどのようなもの?

まずは、ミニ丈のドレスとはどういったドレスのことをいうのか、その特徴についてご紹介していきましょう。

ミニ丈のドレスとは、スカート部分が膝上くらいの丈になっているウェディングドレスを指します。もう少し丈が長くて膝が隠れるくらいのものは、ミディアム丈のウェディングドレスとも呼ばれています。

ミニ丈といっても、後ろの裾は従来のドレスのようにロング丈となっていて、前から見たときだけ足が見えるといったデザインが多いようです。

そうはいっても、通常のロングドレスよりも大幅に足の露出が多くなるミニ丈。
従来のドレスとはかなり趣が異なるため、厳粛な教会などでは着用を断られる場合もあるようですので、選ぶ際には注意しておきましょう。

元気で若々しいイメージが強いミニ丈のドレスは、カジュアルな会場で行われるガーデンウェディングやレストランウェディング、海外でのビーチウェディングなどで着るのが適切ですね。

 

ミニ丈ウェディングドレスに合うインナーって?

それでは実際に、ミニ丈のドレスにはどのようなブライダルインナーを選ぶのが良いのかを、パーツごとに見ていきましょう。

上半身に着るブライダルインナー

(画像:背中開き深め6段ホックロングビスチェ)

ブラジャーやビスチェのように上半身に身に着けるブライダルインナーは、ウェディングドレスの丈がロングでもミニでもあまり関係がありません。

そのため、ドレスのデザインや花嫁様の体に合わせた補整力の高いブライダルインナーを選ぶのが最適でしょう。

上半身のブライダルインナーといえば、大きく分けて2つのパターンがあります。
ひとつは、セミロングブラとウエストニッパーという2つのインナーを組み合わせて着用するセパレートタイプ。もうひとつは、1枚で補整できる一体型のロングビスチェです。

ミニ丈ドレスの場合は、どちらのパターンを選んでも問題はありません
ただ、背中が大きく開いたデザインのウェディングドレスを着るつもりでしたら、ロングビスチェがおすすめです。

ロングビスチェは、インナーが外に響かないように背中の部分が大きくカットされています
例えば、KEA工房の「ロングビスチェ 6段タイプ」は、背中や脇の開きが広いのに、安定感と高い補整力で人気です。

カップ下から縦にボーンを入れることで、胸の高さを長時間に渡ってしっかりとキープすることができます。さらに、サイドには幅広のゴムを採用しズレ落ちの心配もありません。

>>ロングビスチェはこちら

 

下半身に着るブライダルインナー

ソフトガードルレースタイプ モカ 着用イメージ

先ほども述べたように、ミニ丈ドレスの場合は、足の膝上部分も見えてしまうことになります。したがって、太ももの中ほどまであるようなロングガードルを着用してしまうと、ドレスの裾からガードルが見えてしまうおそれがあるので控えるべきでしょう。

そこで、おすすめしたいのがKEA工房の「ソフトガードルレースタイプ」です。
こちらのガードルは丈が短めなので、ミニ丈ドレスであったとしても裾からはみ出すようなことはありません。見た目も普段はいているようなガードルと同じで、下腹部をソフトにシェイプアップすることができます。

素材がレースになっているため、かわいらしく女性らしい雰囲気です。ガードルは外からは見えませんが、やはりかわいらしいインナーだと気分も上がりますよね。

また、クロッチ部分はコットン素材を使用しているため、このガードル自体をショーツの代わりに1枚だけはくという着方も可能です。さらに、締めつけがきつすぎないので、普段ガードルをはく習慣がない花嫁様にもおすすめです。

おなかを押さえてウエストの引き締める役割やヒップアップ効果以外にも、きれいな姿勢を保てるといった効果もあり、花嫁様にうれしいポイントがたくさんあります。

 

ミニ丈ドレスのインナー選びは、プロのフィッターにお任せ!

ミニ丈のドレスを着るうえで最も気を付けたいのは、やはり裾からインナーが見えないようにすることでしょう。

ウェディングドレスを実際に着てみても、自分だけではインナーのはみ出しを確認するのが難しいこともあります。正面から鏡で見てインナーが見えていないことを確認できても、歩く・座るなどさまざまな動作によってはほかの人から見えてしまうことも考えられるのです。

そこで、プロのフィッターによるフィッティングを受けてみましょう。

KEA工房のサロンでは、ウェディングドレスに合わせたブライダルインナーの選び方から正しいブライダルインナーの着方まで、花嫁様一人ひとりに合わせた細やかなフィッティングを行っています。プロのフィッティングによって、さらにメリハリのきいた美しい体のラインを作り出すことも夢ではありません。

花嫁様の体にぴったりとフィットしたブライダルインナーを身につけることで、ウェディングドレス姿の美しさをさらに洗練されたものにすることができるでしょう。

完全個室でカウンセリングから行うKEA工房のフィッティングを、ぜひ一度お試しください。

ブライダルインナーのことでお悩みではありませんか?

「ドレスに合うインナーが無い・・・」
「体型に合うインナーが無い・・・」

身長、肌質、バストの大きさ、ウエストの細さ、ヒップの形・・お一人おひとり同じではありません。
KEA工房は、数少ないフィッティングにこだわるブライダルインナー専門店。
花嫁さま一人ひとりに最適なブライダルインナーをお選びいただくために、必ず専門のアドバイザーがフィッティングを行ないます。
日本女性の体型を知り尽くした私たちが、花嫁様ご自身の美しさを引き出し、ウエディングドレス姿をいっそう輝かせます。

お気軽にご連絡ください。

ブライダルインナーフィッティングのご予約はこちら

ブライダルインナーについてのお問い合せ・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら:0120-05-2253

KEA工房 BRIDAL INNER トップページ

KEA工房 Facebook

KEA工房 Instagram


-ブライダルインナー
-, , , ,

執筆者:

菅藤 千鶴

事監修

株式会社KEA工房 カスタマーセンター

ブライダルインナー、術後のアピアランスケアインナーの接客を経て
広報、ネット通販事業、カスタマーセンター担当

ブライダルインナー商品ラインナップへ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

結婚式はマタニティ用インナーで!妊娠時期ごとの選び方のポイント!

先に伝えておきたい3つのポイント 妊娠時期によってブライダルインナーの選び方のポイントが変わる 体の …

憧れのF75サイズも可能!?ブライダルインナーで胸の横流れを防ぐ!

先に伝えておきたい3つのポイント ブライダルインナーは横流れしやすいお肉をカップに収めてキープしてく …

ブライダルインナーは小さめで良い?準備期間やドレスタイプも考慮!

先に伝えておきたい3つのポイント ブライダルインナーは大きめでも小さめでもないジャストサイズを選ぶ …

ボトムスも必要?ブライダルインナーは下半身にも着用する!

先に伝えておきたい3つのポイント メリハリのあるボディラインには、ボリュームがあって形の良いヒップも …

ブライダルインナーを百貨店で購入!メリット・デメリットは?

先に伝えておきたい3つのポイント 百貨店でブライダルインナーを購入するメリットは、信頼感や立ち寄りや …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。