KEA工房 STAFF BLOG

ブライダルインナー、ボディケアインナーの専門サロン

乳がん術後のかゆみに悩まされていませんか?下着を見直してみましょう!

乳がんの手術後や治療中では、さまざまな皮膚のトラブルが起こる場合があります。そのなかでも、皮膚のかゆみや乾燥は起こりやすく、大きな悩みのひとつだといえるでしょう。

つらいかゆみを軽減するひとつの方法として、肌に直接触れている下着の見直しをおすすめします。

 

手術後の悩みに「かゆみ」や「乾燥」は多い

乳房の部分切除や全摘出手術、放射線治療など乳がんの治療方法は違っても、比較的多くの方が悩んでいるのは術後の「かゆみ」や「乾燥」です。

患部のかゆみは傷口で掻けない分、ストレスにつながり、夜にぐっすりと睡眠できない、睡眠不足や集中力の低下などから生活の質が落ちてしまうことも考えられます。また、かゆみを軽減しようとしても傷口に障る恐れもあるので市販の薬が塗れないことも多く、悩みどころです。
通常時よりも肌は敏感になっていますので、少しの刺激でかゆみにつながりやすくなっています。
(※かゆみや乾燥がひどい場合は必ず医師にご相談ください)

 

デリケートな肌にやさしい専用のインナーが必要

一般的な下着は、ワイヤーで胸を支えて背中のホックで止めるものがほとんどです。リラックス時に着用しやすい柔らかなスポーツブラタイプやシャツとブラジャーが一体型になったシャツタイプブラでも、アンダーバストにはしっかりとしたゴムが使用してあります。

これらの製品は、乳がん術後目的で作られてはいませんので、生地はナイロンやポリエステルなど化学繊維が多く、デリケートな肌に影響が出ないとは言い切れません。さらにワイヤーやゴムが使用されている場合、締め付けや擦れは術後の肌に刺激を与えてしまいます。

市販で前開きは少ないので、必然的に後ろに手をまわして着用する下着や上からかぶるタイプの下着になります。術後は傷口が完治していないので腕の上げ下ろしがつらい術後すぐの方にはおすすめできません。

前開きの授乳用下着もありますが、胸を支えるための補整力が強すぎてしまったり、襟ぐりが深すぎて傷口が覆えなかったりと、すべてをカバーできるものは少ないです。

術後すぐの方やかゆみを感じやすいデリケートな肌には、締め付けが少なくやさしい素材を使用した「乳がん術後用のインナー」が最適です。前開きで着脱しやすい専用インナーも多くあります。

このとき前開きの授乳用のブラジャーを利用しようと考える方がいらっしゃいますが目的が異なりますので避けたほうがいいでしょう。

乳がん術後用インナーの役割

乳がん術後用のインナーは普段の下着とは違う役割があります。着心地が良いのはもちろん、乳がんの方が快適に過ごせるように細部にまでさまざまな工夫がされています。

手術した部位を保護する

乳がん術後専用インナーの重要な役割として術後の傷を保護することが挙げられます。

普段の生活のなかでちょっとした拍子に、手や腕、物が胸に当たることがあります。そのようなときインナーやパットがクッションになり、傷への衝撃を減らす役割をしてくれます。

摘出手術をした場合、胸の脂肪が少なくなるため部分的に寒さを感じる方もいるようですが、専用インナーには胸を保温する効果もあります。

 

見た目を整える

胸の大きさや高さの左右差が気にならないように見た目を整えてくれます。

インナーのほとんどには、パットをいれられる大きなポケットが付いていますので、自胸側の大きさに合うパットを用意して術側の胸ポケットに入れます。

衝撃から守ってくれることはもちろん、左右差がカバーできるため手術前と変わらない見た目になり、自信が持てて外出することに積極的になる方もいるようです。

 

体の左右バランスを整える

術後は傷側をかばうような動きを取る方も多く、立ち姿勢や歩き方などに変化が出ることもあります。これが原因で体の左右バランスが崩れてしまい、頭痛や腰痛といった症状を引き起こすことが考えられます。

ポケットが付いている専用インナーであれば、重さのあるパットを挿入して体のバランスを整えることができます。

 

KEA工房は素材や縫い目にこだわったインナーが豊富

KEA工房は乳がん術後の悩みを解消できるインナーを数多く取りそろえています。

例えば、術後すぐから使えるインナーは、肌あたりがソフトでストレッチ性のあるコットン素材を使用し、縫い目が直接肌に触れないよう外側にしてあります。

また、マジックテープのフロントオープン式のインナーは、指や腕に力が入りにくい場合でも楽に着脱でき、診察時にも便利です。

乳がん術後でも着用できるシャツタイプブラもあるので自分の生活スタイルに合わせて用意することも可能です。

【画像左】ホスピタブルロング
【画像右】ホスピタブルコンフォート

>>製品ラインナップはこちら

 

下着を見直して快適に過ごそう

術後のかゆみや乾燥などの肌トラブルにお悩みであれば、まず下着を見直してみましょう。

女性特有のがんを経験された方のためのインナーを長年作り続けているKEA工房では、乳がん術後の時期ごとにデザインの異なるインナーをそろえています。さらに専用インナーの選び方のアドバイスやフィッティングも行っています。下着のご試着や相談のみでも承っていますのでお気軽にお問い合わせください。

自分に合った乳がん術後用インナーを身に着けて、毎日を快適に過ごしましょう。

乳がん・婦人科系がん術後のインナーでお悩みはありませんか?

ご相談・試着だけでも大丈夫。
安心できるサロンです。

KEA工房では、乳がんや婦人科系がんによるリンパ浮腫、臓器脱など術後生活を
自分らしく快適にお過ごしいただけるよう、自社のみならず他社製品も数多く取り揃えております。

また、これまでの知識や経験からお客様のご要望にお応えし、製品の開発製作なども行っております。

お客様一人ひとりに最適なインナーをお選び頂くために、
ご来店時には専門知識と技術を兼ね備えたスタッフがご対応致します。
お困りなことがございましたらお気軽にご連絡ください。

ボディケアインナーご試着・ご相談のご予約はこちら

ボディケアインナー・弾性着衣についてのお問い合せ・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら:0120-36-2727

KEA工房 BODYCARE INNER トップページ

KEA工房 Facebook

KEA工房 Instagram


-ボディケアインナー
-, ,

執筆者:

和賀 梢

事監修

株式会社KEA工房 ブライダル事業部マネージャー

女性ならではの視点で提案してくれる姿勢は
お客様はもちろんスタッフからも支持されている。

ボディーケアインナー商品一覧へ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

【藤沢】相談会のご案内

秋らしい気温となってきました、皆様いかがお過ごしでしょうか。 横浜店スタッフです。 9月20日藤沢に …

弾性ストッキングでは「おしゃれが楽しめない」と思っていませんか?

治療用の弾性ストッキングと聞いて、地味なベージュのストッキングを思い浮かべる方は多いでしょう。実際に …

シリーズ「リンパ浮腫」-第9回リンパ浮腫に対する運動療法

シリーズ「リンパ浮腫」の最終回は「運動療法」です。 目的 リンパ管は管自体でも収縮はしますが、筋肉の …

弾性ストッキングは、寝るときにも着衣した方が良いのか

「弾性ストッキングをいつどのように使うのか分からない」といった方は多いですよね。 一般的なむくみ改善 …

no image

5月藤沢展示会開催しました

KEA工房横浜店です。 5月25日(水)に「‪#‎藤沢」にて4回目の乳がん・婦人科がん術後ケアインナ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。