KEA工房 STAFF BLOG

ブライダルインナー、ボディケアインナーの専門サロン

乳がん術後は専用の下着を準備!肌にやさしい前開きのインナーがおすすめ

乳がんの手術を受けた直後は、腕の上げ下げが大変になったり、肌が敏感になったり、これまでとは違う体の変化が少なからず起こります。このような時期を少しでも快適に過ごすためには、専用の下着を身に着つけることが大切です。

今回は、乳がんの術後に着用する下着としておすすめしたい、肌にやさしい前開きタイプのインナーをご紹介します。

乳がん専用の下着を選ぶと良い理由

乳房全体または乳房の一部を摘出した場合、個人差はありますが体にさまざまな変化が起こることが想定されます。

例えば、左右の胸の重さが変わることで体のバランスがくずれ姿勢が悪くなることで起こる、肩こりや腰痛です。また、脂肪でできている乳房がなくなることにより、胸部にだけ寒さを感じる方もいます。

乳がん専用の下着はこのような体に起こる変化に対応できるよう、見た目はもちろんですが、身体の変化に対応できる機能性の部分でも求められます。

術後の不快感を少しでも軽減するには、専用の下着を選ぶのが良いでしょう。さらに着用していても安心なソフトな着心地のものが良いでしょう。

乳がん用の下着(肌着)は術後の経過と体の状態で変更すべき!?

 

普段使いの下着にはない機能

乳がん専用インナーの多くは、一般的な下着と変わらない見た目やデザインです。しかし、専用インナーには術後を快適に過ごすための細やかな工夫が随所に施されています。

乳がん専用インナーの主な3つの機能について詳しく見ていきましょう。

診察時もらくな前開きタイプ

術後すぐから使えるインナーは、前開きタイプがほとんどです。胸の真ん中から左右に開くため、腕を上げ下げしたり、後ろに手を回したりする必要がありません。

また、指の力が入りづらいときでも楽に着脱できるようマジックテープ※が使用されているものも多いです。診察時にパッと着脱できるため便利です。

※「マジックテープ」は(株)クラレの面ファスナーの登録商標です

 

タグや縫い目の位置

肌がデリケートになりやすい術後は、タグが当たるだけでチクチクしたり、縫い目のゴロゴロした感触が不快に感じたりするものです。

専用インナーは敏感な肌を刺激しないように縫い目やタグが肌にあたらない外側や肌あたりを軽減したつくりになっているため安心して着用できます。

 

快適に着用できる素材

綿など肌にやさしい素材を多く使用しています。デリケートな肌になるべく負担をかけないやわらかなストレッチ性のあるコットンなどを使っていることが多く、汗をよく吸い、動きやすいのが特徴です。一年中快適に過ごせます。

 

KEA工房おすすめの前開きインナー

KEA工房では、乳がんを経験された方のために、さまざまな種類の術後用インナーをご用意しています。そのなかから、前開きタイプで使いやすい2つのインナーをご紹介します。

ホスピタブル・ロング

上半身をソフトに包み込んで守ってくれる「ホスピタル・ロング」は、術後はもちろん、通院時や放射線治療中にもおすすめできるブラジャーです。

着脱が楽なマジックテープ※仕様の前開きで、素材は肌にやさしい綿。色はモカ色をご用意しています。肌が直接触れる部分は「赤ちゃんのうぶ着のように」ソフトな感触で気持ちのよい着心地です。また、丈が長く、広めのゴム幅で圧迫感が軽減できる作りで、ドレイン使用中の着用も可能です。

裏側には大きなパットポケットがあり手持ちのパットを入れたり、放射線治療後の肌のほてりをクールダウンさせるクールパットも入れたりすることができます。

 

ホスピタブル・コンフォート

一般的なスポーツブラと変わらない見た目の「ホスピタブル・コンフォート」は、術後、通院時、また乳房再建手術後にも使えるブラジャーです。こちらも伸縮性のある綿素材でデリケートな肌でも使えるやさしい肌あたりになっています。

アンダー部分のみ幅広のマジックテープ※があり、留め位置を変えることで締め付け感を自由に調節できます。

前開きとソフトな着心地といった基本的な術後インナーの機能を備えつつ、袖ぐりや背中、前中心の開きが広くとってあるため、洋服にひびかず、はみだしにくいのが特徴です。肩紐も細くスタイリッシュな見た目でどんなシーンでも着用できます。
裏側には大きなパットポケットがあり手持ちのパットを入れることが可能です。

※「マジックテープ」は(株)クラレの面ファスナーの登録商標です

 

専用インナーで術後も快適な生活を送りましょう

乳がんの治療中は心が落ち着かない時期でもあり、体のことやインナーについてのお悩みを一人で抱えてしまいがちです。

KEA工房では、そのようなみなさまのお悩みやご相談をサポートできる体制を整えています。適切な専用インナーは、術後を快適に過ごすためにきっとお役に立ちます。お一人で悩むことなく、どうぞお気軽にお問い合わせください。

乳がん・婦人科系がん術後のインナーでお悩みはありませんか?

ご相談・試着だけでも大丈夫。
安心できるサロンです。

KEA工房では、乳がんや婦人科系がんによるリンパ浮腫、臓器脱など術後生活を
自分らしく快適にお過ごしいただけるよう、自社のみならず他社製品も数多く取り揃えております。

また、これまでの知識や経験からお客様のご要望にお応えし、製品の開発製作なども行っております。

お客様一人ひとりに最適なインナーをお選び頂くために、
ご来店時には専門知識と技術を兼ね備えたスタッフがご対応致します。
お困りなことがございましたらお気軽にご連絡ください。

ボディケアインナーご試着・ご相談のご予約はこちら

ボディケアインナー・弾性着衣についてのお問い合せ・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら:0120-36-2727

KEA工房 BODYCARE INNER トップページ

KEA工房 Facebook

KEA工房 Instagram


-ボディケアインナー
-, ,

執筆者:

ボディーケアインナー商品一覧へ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

2018年Autumn&Winterセール開催!【乳がん術後・婦人科系がん術後商品対象】

半期に一度のお得なセール【11月20日~11月29日まで】 KEA工房ではいつもご利用頂いております …

乳がんの治療中でも自分らしく過ごす!医療用ウィッグをご紹介

乳がんの治療に使われる抗がん剤は脱毛率が高いといわれており、個人差はあるものの多くの患者さんが一時的 …

KEA工房が『日本乳がん看護研究会』へ参加します

★☆TRICK or TREAT☆★ 今日はハッピーハロウィンですね♪ 朝来る途中、電車に仮装してい …

シリーズ「リンパ浮腫」-第2回 リンパ浮腫の治療

病期 リンパ浮腫の病期は、発症前の0期から重症例となるⅢ期に分かれます(表2)。 表2 ステージ 症 …

女性2人が店舗で下着を選んでいる様子

快適な毎日を過ごすために!乳がん用下着の選び方

先に伝えておきたい3つのポイント 術後すぐは患部を保護し、着脱のしやすい前開きの下着がおすすめ 患部 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。