KEA工房 STAFF BLOG

ブライダルインナー、ボディケアインナーの専門サロン

2014/12/08

乳がん看護認定看護師養成課程の受け入れを実施しました

 

みなさんこんにちは、KEA工房広報部です。
先日、KEA工房では乳がん看護認定看護師養成課程受講生の受け入れをいたしました。
昨年に引き続き、今回で2回目となる受け入れです。
乳がん看護認定看護師とは、簡単に言うと乳がんの専門の、プロフェッショナルな看護師さんの資格です。看護師さんたちは乳がん看護認定看護師資格を7か月くらいの専門分野の勉強をしながら取得していきます。
現在日本には約250名の乳がん看護認定看護師さんがおり、近年では毎年50名ずつ受講者がいるそうです。
専門分野の看護師さんがいると患者さんとしてもすごく心強いですよね。
(ちなみに認定看護師には緩和ケアや褥瘡ケア、化学療法など13の専門分野があります)
その養成課程の中で、専門の下着サロン見学・勉強ということで
今回は15名の看護師さんに来ていただきました。
KEA工房での取り組みに加え、術後の下着の重要性や必要性、また患者さんの心をサポートしているお話しをするとすごく関心を持って熱心に聞いてくださいます。
患者さんに寄り添いたい気持ちがとてもうれしく思いました。
術後用のブラジャーやシリコンパットなどの商品に触れてもらいながら、患者さんが感じる悩みを共有し、また試着体験もしていただきました。
看護師さんに普段の下着の重要性を身を持って体験していただくために
みなさんのサイズチェックもさせてもらいました。
(ここはKEA工房の得意分野でもあります!)
しっかりと合ったサイズをつけている方は意外と少ないんです!
着け方やサイズ選びをレクチャーすると看護師のみなさんも目からウロコですごく驚いていました。楽しんでもいただけたようでよかったです♪
今回は看護師さん向けに講習のようなことをさせていただきましたが、このように少しずつでも多くの方に下着の重要性を伝えていくのが私たちの仕事なんだなと改めて実感したのでした。
まだまだこれからも多くの女性の力になれるように精進していかなくてはなりません!
がんばるぞー!

-広報
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

新年おめでとうございます

KEA工房一同 謹んで初春のお慶びを申し上げます。 旧年中はブライダル、ボディケアと ひとかたならぬ …

リハビリフラ講師の草野先生が読売新聞に掲載されました

KEA工房大宮店でフラダンス講習会を開催させて頂いている 草野 朋子(くさの ともこ)先生の記事が …

シリーズ「リンパ浮腫」-第2回 リンパ浮腫の治療

病期 リンパ浮腫の病期は、発症前の0期から重症例となるⅢ期に分かれます(表2)。 表2 ステージ 症 …

【乳がん術後の方のために】スポーツブラ開発ストーリーVol.3

スポーツブラを開発するにあたりKEA工房では 乳がん患者様の為に社会的に貢献できる動きをしていきたい …

明けましておめでとうございます

  KEA工房一同 謹んで初春のお慶びを申し上げます。 旧年中はブライダル、ボディケアと …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。