KEA工房 STAFF BLOG

ブライダルインナー、ボディケアインナーの専門サロン

2015/01/31

自壊創用インナー開発中

乳がんが皮膚に浸潤して、表皮で広がっていくことを自壊創というようですが、乳がん全体の5%程度の患者の方がいらっしゃるとのことです。

ある病院から自壊創を持つ患者数が増えていて、そのケアのためのインナーを考えてもらえないかというご要望をいただいたのが昨年の秋でした。

社内で女性スタッフがいろいろと考えて、ようやく形が見えてきたのが、年末。すぐに形状見本を製作して、年明けから病院でモニタリングしてもらっています。

自壊創ができる位置が患者の方によって異なりますので、なかなか思ったようには使用できていないようですが、先日改めて改良点を看護師の方と話し合い、形状見本第2弾を製作することにしました。

できる限り早い段階でしっかりした形に作り上げて、他の病院でもモニタリングしてもらえるように持っていきたいと思います。

自壊創の写真を見ると、かなりQOLが低下するであろうことは想像に難くありません。現在は年間6万人の新規患者がいると言われていますから、5%ということは3千人程度の患者がいらっしゃるということになります。そうした方々の生活が少しでも良い状態でいられるように、頑張りたいと思います。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

《KEA工房 Facebook》

ご予約・お問合せは

KEA工房カスタマーセンターまで

乳がん下着・乳がんインナーの専門サロン

銀座店・横浜店・大宮店

-ボディケア営業活動
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

訪問看護の現場

久しぶりの投稿になりました。 この半年、病院よりも訪問看護ステーションに伺わせていただくことが多くな …

サークエイド「ジャクスタライト」-新しい圧迫方法のご提案

弾性着衣は国内のリンパ浮腫治療では重要な意味を持つ圧迫療法の治療用具です。しかし、その圧力の高さから …

プラチナコレクション ワンランク上の安心ショーツ・補正インナー開発ものがたりVol.1

下着業界で 『今』 求められているもの 創業当初からウエディングドレスのブライダルインナー、乳がん・ …

出張無料相談会一部変更のお知らせ

こんにちはKEA工房横浜店スタッフです。   2018年7月18日水曜日に開催予定の藤沢相 …

no image

リンパ浮腫を取り巻く環境

がんの手術の術後に手や足がむくむ方がいらっしゃいます。「リンパ浮腫」と呼ばれる後遺症状で、一度症状が …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。